60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

60歳以上転職のリスクについて知ろう

   

①未経験の職種に転職するリスク
 職種にこだわらなければ、現在60歳以上の年代向けの求人は沢山あります。そんな中、定年などの生活環境の変化から、転職を目指す方も増えているそうなのです。ただやはり仕事内容はある程度限られてくるので、今まで働いていた職種によっては未経験の仕事に転職するとこになる場合も少なくはありません。

 未経験の職種に転職した場合、やはり一番のリスクになるのは「新しい環境に慣れることができるか」というという点ではないでしょうか。職種を変えるということは、起床時間から必要になる体力の違い、新しいことを1から覚える・・・といったように、今までとは日常生活もガラッと変わる可能性があります。

 ですからそのような変化によって気持ちや体にかかる負担が心配なところです。また企業側から見ても、60歳以上の年代で未経験の仕事に挑戦する、という転職希望者に対して同じ理由で不安を抱くこともあります。そういった点も面接の時にはリスクと言えるかも知れませんね。

 リスクはいくつか伴うかもしれませんが、新たなスキルを手に入れる事ができるはずですので、未経験への職種に転職するのも悪くはないかと思います。

②同業種だとスムーズに転職できるのか?
 では逆に同業種の場合はどうなのでしょうか。例えば職場が違ったとしても、同業種であれば根本が大きく変わることはありません。例えば接客経験者であればお客さんへの対応に慣れているでしょうし、清掃の経験者であれば場所によってやり方は違ってもお掃除のノウハウを活かすことは可能です。

 もちろん技術職であれば特にそれまでの経験を活かすことも出来るので、企業としてもすべてを新しく教えて行くよりは楽だと感じますし、前職を長くやっている方程印象は良くなります。

 ですから同業種だと未経験の仕事よりはスムーズに転職できると言うのも確かなようです。しかし先ほどリスクの話でもあったように、60歳以上の求人というのはある程度特殊なものを除き、職種が限られてきます。その分未経験者歓迎と書かれる求人も多くなるので、同業種であれば必ず採用される、ということではなく、未経験者に比べると少し有利というくらいに考えておいた方が良いでしょう。

 - 戦略的な転職活動

  関連記事

60歳以上の転職はどのくらい時間がかかると思いますか?

 転職をしたいと考えている60歳以上の転職希望者にとって、「他の人たちはだいたい …

no image
60歳以上が求人票で必ず確認すべきポイント!

①60歳以上が応募できる企業の見分け方  雇用対策法が改正されて、平成19年10 …

早期再就職を実現しよう!

①離職者が早期再就職を実現する方法  60代以上の転職希望者がなるべく早く再就職 …