60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

60歳以上はメリットがあるから転職する?!

   

①60歳以上から転職するメリット

 人生のマンネリズムから脱出できるという得難いメリットがあります。早めに定年退職をして家にずっといても毎日は退屈です。かといって高齢者会館やボランティアだけでは、職場にいたころのような刺激やスピードは期待できないでしょう。若い人たちと混じって必死に頑張っていられるうちが人生の華なのです。

 それから、転職活動に時間がかかったとしても、その転職活動で出会った人たち、言われたことなどが知らず知らずのうちに自分の勉強になっています。毎日、新鮮な発見のある転職活動や新入社員生活ができることは60歳過ぎの人生において大きくプラスです。

 そして若いころから働いてきたことで円熟した人格で仕事に取り組めるという点があります。もはや職場で、激しい蹴落としあいに「勝ちたい」とは思いません。それよりも少しでも組織に貢献したい、皆と一緒に働きたいという純粋な気持ちで目の前の仕事に取り組めることが60代以降の労働のメリットです。

②60歳以上から転職するデメリット

 ローンなどが残っている人の場合、年収が下がる可能性があります。“中高年の転職者の50%以上は異業種に転職する”と言われますが、同業種でも年収は下がるのですから。

 業種に関わらず、年収のダウンは覚悟しなくてはなりません。もしも在職中で転職を検討しているのなら、この点について、家族とよくよく相談をして、ローンなどの目安がついてから転職活動に移りましょう。

 転職先が決まったとしても、若い人ばかりの職場で新しく仕事を覚えなければならない気苦労があります。「若い人が多い職場は難しい」と聞いたことはありませんか?特にパソコンの操作などが苦手な60代の場合、若い人も仕事で手がいっぱいなので、いちいち丁寧に教えてくれるとは限りません。

 若い人と混じって一緒に働くのですから、会社側は60代によい相談相手とか、職場の雰囲気をよくしてくれることの期待もしています。年配だからといって上から目線で偉そうな態度をとれば若い人たちは付いてきません。

 体力も知力もどうしても低下してくるのはいたしかたありません。メモ取りを心がけるなど、一度説明を受けたことは2度と忘れないようにしましょう。

 - 転職前に確認すること

  関連記事

わずながタイミングの違いで異なる転職活動

定年退職を機に行う転職活動  60歳以上の転職希望者は大きく、定年退職を機に転職 …

目指すは60歳以上の人なりの自己分析

自己分析結果に固執したくない60歳以上の転職希望者  自己分析は必要です。転職は …

60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を

ゆとりがあるなら大まかな計画で問題なし  60歳以上の転職希望者が持っている、他 …

求められる60歳以上とは?

①60歳以上の求職者に求められること  中高年を対象にした転職マニュアル等を読む …

不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

転職活動と体調管理  生活に変化がある、ストレスが溜まる、心配事が増える、こうし …

60歳以上だと雇用形態に制限がある?

①60歳以上の求職者に多い雇用形態とは?  60代を超えると、「正社員」待遇での …