60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

60歳以上が知っておきたい転職の流れ

 気持ちや元気だけでは、転職は難しいでしょう。そうした健康に加えて、転職のイロハについて知っておかなければなりません。今回は、その転職のイロハを5つのステップごとにチェックしていきます。参考にしながら、転職を目指してみてください。

自問自答で作る転職の準備

 最初のステップは転職の準備です。どんな仕事を希望していますか?もしその仕事に就けなければ、他にはどんな仕事に興味を持っていますか?こうした自問自答を繰り返すことで、転職活動の進め方やゴールが見えてきます。

【参考記事】
60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を
目指すは60歳以上の人なりの自己分析
わずながタイミングの違いで異なる転職活動
不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

求人情報の幅を広げるために

 60歳以上の方は、新聞の求人広告や求人誌、ハローワークなどで求人情報を得ることが多いでしょう。もちろん構いませんが、インターネットのサービスを使うことで、もっと効率的に、多くの求人情報を得られるはずです。是非、取り入れてみてください。

【参考記事】
新しいことにチャレンジするつもりで仕事探しを
業界動向を調べることの重要性とポイント
ハローワークのリスクと使い道

履歴書と職務経歴書、両方を丁寧に

 60歳以上の方が苦手とするであろう履歴書、及び職務経歴書。丁寧に書けば問題ありません。これまでの経歴とは関係のない仕事に応募する時にも、職務経歴書は作成しておいた方がいいでしょう。面接で伝えたいことを意識しながら書くと、より良い書類に仕上がります。

【参考記事】
細かな書き方こそ採用に影響を与える履歴書
履歴書を踏まえて書いていく職務経歴書
これさえ押さえておけば志望動機が仕上がります

難しく考えることのない面接

 服装はできればスーツを着用し、髪型などにも気を遣い、身だしなみを整えて面接に臨んでください。質問をされたら、それによって相手が何を聞きたいと思っているのかを考え、適切な答えを伝えます。面接はこの繰り返し。これが守れれば問題なく転職できるでしょう。

【参考記事】
よくある質問には企業に興味を持ってもらうための答え方を
逆質問のシチュエーションへの確かな備え
面接に臨む服装に困ったら基本に立ち返る
転職者に対して圧迫面接を行う企業が増加傾向にあり

採用決定後に取りかかりたい入社の準備

 60歳以上であれば、既に退職してからの転職となる人がほとんどかもしれません。転職活動が一通り終わったら、入社のための備えをしておきましょう。勉強も必要かもしれません。手続きに必要な書類等の用意や整理なども欠かせないものとなるでしょう。

【参考記事】
状況によって変化が求められる退社の挨拶
気に入られることを考えた入社の挨拶
入社後のチェックポイント確認でその会社の一員に

公開日:
最終更新日:2015/12/14