60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

転職において中高年の強みはどういったところになりますか?

   

転職において中高年の強みはどういったところになりますか?

新卒や第二新卒だけではなく、キャリア採用も非常に盛んになりつつある日本の企業の採用市場。とはいえ、中高年の採用となれば、それなりの企業としてのメリットもなければ採用に至らないのが現状です。

それはもちろん、中高年で採用するのであれば、それなりの高給も準備しないといけないと同時に求めるものも非常に高くなるからです。

では、ご質問者のように中高年の就職にあたっての強みは何かというところを具体的にご紹介していきたいと思います。

豊富な社会人経験と協調性、順応性

これは最低限の条件です。組織での順応性がないために前の職場を辞めざるを得なかったような中高年の方は非常に厳しいでしょう。何しろ本来強みであるべきところが備わっていないということになるわけですから。

マネジメント力

これについては業界や職種を問わず、経験を重ねてきた中高年だからこその強みといえるでしょう。具体的にはプロジェクトマネジメント、部下の仕事の割り振りや社外との提携によるプロジェクト推進などのリーダーとしての役割、推進役です。

ここに関しては中途採用であろうとなかろうとこうしたスキルや経験をしっかり持っていなくてはうまく回っていきません。だからこそ、面談の際には具体的な実績の中に部下のマネジメント、プロジェクト推進という少し具体的な数字として見えないところもしっかり訴求しておくべきだといえます。

これはなかなかいかに優秀でも若い人材には経験がなく、即戦力で実行していくことがでくるかどうかといえば、なかなか厳しいところでしょう。

以上こうして中高年ならではの強みというものもあります。もちろん、専門的なスキルや人脈などはあって当たり前です。転職市場でここは当たり前の部分になりますので差別化をするためにも前述のようなスキルもしっかり身に着けておきましょう。

 - よくある質問

  関連記事

関連記事はありませんでした