60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

目指すは60歳以上の人なりの自己分析

   

自己分析結果に固執したくない60歳以上の転職希望者

 自己分析は必要です。転職は自分を見直す作業でもあるわけですから、必ず最初の準備として、キャリアの棚卸し、性格分析、それらによって生み出される目標や目的の設定など、自己分析に含まれるあらゆる作業を欠かすことはできません。

 ただ、60歳以上の人は、この自己分析を詳細にやり過ぎる必要はないでしょうし、そこから出てきた結果に固執する必要もないでしょう。経験が非常に多い分、「できること」が狭められることがしばしばあります。自己分析結果に固執し新しいチャレンジができなくなれば、この年齢での転職は厳しい状況に陥ります。

 年配者を求めている業界で、且つ、未経験でも問題ないとするところも出てきていますから、そうしたところへの応募やチャレンジを考えると、やはり自己分析結果が全面に出るような活動は避けた方がいいのかもしれません。

同世代の転職事情を把握することでも可能な自己分析

 60歳以上の人に試して欲しい自己分析方法として、同年代の転職事情を調べ、把握するというものがあります。

 他者分析と言われたらそれまでですが、同年代で転職を目指している人、あるいは過去に目指していた人の成功例や失敗例を知ることで得られる情報は非常に貴重。その情報を自らに反映させることで新たな可能性を感じたり、「こういった道もあるのか」と知ることもできるでしょう。

 結果的には自分の転職への道を広げることになるので、自己分析としても役立つ情報となるはずです。

【関連記事】
60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を
わずながタイミングの違いで異なる転職活動

 - 転職前に確認すること

  関連記事

求められる60歳以上とは?

①60歳以上の求職者に求められること  中高年を対象にした転職マニュアル等を読む …

60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を

ゆとりがあるなら大まかな計画で問題なし  60歳以上の転職希望者が持っている、他 …

60歳以上はメリットがあるから転職する?!

①60歳以上から転職するメリット  人生のマンネリズムから脱出できるという得難い …

わずながタイミングの違いで異なる転職活動

定年退職を機に行う転職活動  60歳以上の転職希望者は大きく、定年退職を機に転職 …

不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

転職活動と体調管理  生活に変化がある、ストレスが溜まる、心配事が増える、こうし …

60歳以上だと雇用形態に制限がある?

①60歳以上の求職者に多い雇用形態とは?  60代を超えると、「正社員」待遇での …