60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

求められる60歳以上とは?

   

①60歳以上の求職者に求められること

 中高年を対象にした転職マニュアル等を読むと、「中高年はドンピシャリの実務経験が無ければ採用は難しい」という指摘をよく目にします。過去においては、中高年の転職は「即戦力」、それも企業側が欲しいと思っている人材像ドンピシャリの人しか相手にされなかったのかもしれません。

 しかしそれは過去であり、転職市場はどんどん中高年の占めるシェアが拡大しつつあります。年金の受給年齢の切り上げ等もあり、この先ますます中高年の転職者の数も増えるに違いありません。

転職しようと考えている60代に求められることは
・体力・・・フルタイムを問題なく勤務できるかどうか?病気もちではないか?ウツなどを発症していないか?という点は面接で必ず聞かれます。
・言われたことを覚えられること・・・中高年になるとどうしても若い人のように言われたことを一発で覚えることが難しくなる人が一定数出てきます。メモ取り技能などを鍛えておきましょう。
・若い人たちと仲良くやっていけること・・・職場はみんな自分より若手かもしれません。仲良くやっていける人かどうかが大事です。
・会社によっては「即戦力」・・・応募職種によっては、管理や営業など「即戦力」を期待されています。

②どのように対応すべきなのか

 60歳以上の人が抱える事情は人それぞれで大きく違います。

 ローンを抱えているのにリストラされたような人なら、求人に求めるのは給与が高いということでしょう。ただし身体を壊しては意味がありませんので、自分の体力とよく相談することが大切です。

 老後資金は十分な余裕があるけど、生きがいを感じて後半の人生をおくりたいと考えている人は、やりがいのある仕事として社会貢献も出来る仕事をおすすめします。

 若いころと違って自分の職業能力に衰えを自覚し始めたのなら、その箇所をおぎなう努力が必要です、おっくうがらないでパソコンのソフトのスキルを練習するとか努力できるところはたくさんあるはずです。

 それに「60歳以上応募可」という求人案件の数も全国で増え続けています。仕事内容に贅沢を言わないのなら、どこかの会社には採用してもらえるほどには景気は改善してきています。シルバー人材センターなどにも登録し、定期的に顔を出しておけば、駐輪場の受付やその他シニア向けのお仕事を紹介してもらえます。

 - 転職前に確認すること

  関連記事

目指すは60歳以上の人なりの自己分析

自己分析結果に固執したくない60歳以上の転職希望者  自己分析は必要です。転職は …

60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を

ゆとりがあるなら大まかな計画で問題なし  60歳以上の転職希望者が持っている、他 …

わずながタイミングの違いで異なる転職活動

定年退職を機に行う転職活動  60歳以上の転職希望者は大きく、定年退職を機に転職 …

60歳以上はメリットがあるから転職する?!

①60歳以上から転職するメリット  人生のマンネリズムから脱出できるという得難い …

60歳以上だと雇用形態に制限がある?

①60歳以上の求職者に多い雇用形態とは?  60代を超えると、「正社員」待遇での …

不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

転職活動と体調管理  生活に変化がある、ストレスが溜まる、心配事が増える、こうし …