60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

業界動向を調べることの重要性とポイント

   

重要性がないかもしれない業界動向調べ

 就職活動と転職活動には、幾つかの違いが見られます。しかし、転職活動も、それに取りかかる人の年齢によって考え方や作業の仕方を変えていく必要があるでしょう。

 例えば、20代の人が転職をするのと、60歳以上の人が転職をするのとでは、業界動向チェックに若干の違いが出てくるはずです。若い人は、しっかりと希望業界の動向を確認したり、各業界の動向を調べることで、希望の業界を見出したりする作業が重要になってくるでしょう。

 一方で、60歳を超えている人は、さほど業界動向にはこだわらない方がいいのかもしれません。転職したとしても、その業界に何十年もいるわけではないからです。すぐに景気が悪くなったら困りますが、入念な調査をせずとも、今後数年くらいの景気動向は感じ取ることができるのではないでしょうか。

調べておきたいのは求人などの事情について

 もし業界動向を調べるなら、求人事情についての情報を中心に集めてみましょう。今後業界全体の景気や業績がどうこうなるという問題よりも、今後、求人の数が増えていくのかどうかを気にするべきです。

 求人数が増えれば、それだけその業界に転職するチャンスが広がると考えられますし、逆に減っていくと予想されているのであれば、よほどの自信や目的がない限りは、無理にその業界へ飛び込もうとする必要はないはず。

 求人の数の増減予測は、業界動向を調べていけば把握可能です。60歳以上の人は、そこを気にしていれば、転職に役立つ何かが掴めるかもしれません。

【関連記事】
新しいことにチャレンジするつもりで仕事探しを
ハローワークのリスクと使い道

 - 求人情報を収集する

  関連記事

ハローワークのリスクと使い道

ハローワークのみの仕事探しは危険?  60歳以上の人の、と言うと少し語弊がありま …

新しいことにチャレンジするつもりで仕事探しを

ベンチャーも視野に入れた仕事探しを  年齢が若いと言えば、嘘になります。転職にお …