60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

早期再就職を実現しよう!

   

①離職者が早期再就職を実現する方法

 60代以上の転職希望者がなるべく早く再就職先を決めたい!と考えているときに、どのような転職プランを作って実行すればよいのでしょうか?
まず以下のような求人媒体からまんべんなく詳細に求人を探すことをお勧めします。

・コネや人脈・・・早期に再就職したいと考えるのなら、知人のコネが最も有望です。これまでもらった名刺を整理し直して、連絡や相談ができそうな人がいれば、電話やメールで連絡をして事情を話してみましょう。

・ハローワーク・・・中高年向きで早く採用が決まる中小企業の案件が豊富にあります。ハローワーク・インターネットサービスに登録をして、自宅から毎日検索ができるようにしましょう。ハローワークは案件検索だけではなく、中高年向けの職業訓練や再就職支援も行っていますので積極的に活用しましょう。

・中高年向け転職サイト・・・最近では転職サイトも趣旨に分かれていますので、自分が応募したいと思うような会社の募集がたくさん載っている転職サイトを最低でも3社は見つけて登録し、徹底的に利用したいものです。しかし転職サイトで見つけた求人に、サイトのエントリーフォームから応募するのは止めたほうがいいです。60代以上ですと年齢的に機械ではじかれる可能性が高いですので、ここぞと思った会社には電話をかけて、応募可能かどうか?を問い合わせて、それから応募書類を送るようにしましょう。

・転職エージェント・・・キャリアカウンセラーが応募書類の添削や、模擬面接をしてアドバイスしてくれます。自分の転職市場価値などを客観的に教えてくれるので参考になるでしょう。

②応募する会社の数を増やそう!

 中高年の求職者で早く再就職先が決まった人は、たいてい自分でノルマを設定し、それを忠実に守った人です。「最低でも毎週20社は応募する!!」と決めて、徹底的に応募できる会社を探して、必死にノルマをこなした人は早期に再就職先が決まっています。

 「転職活動は計画性が全て」と言われますが、60代以上も例外ではありません。“週に20社応募しようと思っても、応募できる求人が少ない”という声もあるでしょうが、上記の求人媒体にも最近では中高年OKの会社は増え続けています。

 - 戦略的な転職活動

  関連記事

no image
60歳以上が求人票で必ず確認すべきポイント!

①60歳以上が応募できる企業の見分け方  雇用対策法が改正されて、平成19年10 …

60歳以上の転職はどのくらい時間がかかると思いますか?

 転職をしたいと考えている60歳以上の転職希望者にとって、「他の人たちはだいたい …

60歳以上転職のリスクについて知ろう

①未経験の職種に転職するリスク  職種にこだわらなければ、現在60歳以上の年代向 …