60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

わずながタイミングの違いで異なる転職活動

      2015/12/14

定年退職を機に行う転職活動

 60歳以上の転職希望者は大きく、定年退職を機に転職を志す人と、定年退職を前に転職を志す人の2つに分けられると思います。この年齢にまで到達していれば、前者を選択する人がほとんどなのかもしれません。

 これはとても良いタイミング。退職金もしっかりと受け取り、前の会社での役割も全うした上で転職するわけですから、心にも非常に充実感を抱えたまま、新たな職を探すことができると思います。特別な事情がない限りは、定年退職を待ってから転職を試みる、このタイミングを狙った方がいいのかもしれません。

 年配者を採用しようと考えている企業にとっても、いつでも入社できる、途中で辞めないだろう、意欲を持っているなどと判断することができ、有利に働くことも多くなると思います。

定年退職を前に行う転職活動

 60歳以上の人の、もうひとつの転職のタイミングである、定年退職を前に職を変えるという決断。何かしらの事情があってのことだと思いますし、他人がとやかく言えるようなものでもないので、それはそれで決して間違ったタイミングとはならないでしょう。

 ただ、定年退職が目前となっている場合、退職時にちょこちょこと問題が出てくることも少なくないと考えられます。「あともう少しで定年なのに」などといった引き止めがあるかもしれません。それによって転職先との調整が上手くいかないといった問題も出てくれば、仮に転職できたとしても円満退職とは少し違う形での転職となり、後味の悪いものとなってしまうでしょう。

 ほんの少しのタイミングの違いで転職の雰囲気等が変わることはあり得るため、辞める前に少し冷静になって考えてみてもいいのかもしれません。

【関連記事】
60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を
目指すは60歳以上の人なりの自己分析
不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

 - 転職前に確認すること

  関連記事

60歳以上だと雇用形態に制限がある?

①60歳以上の求職者に多い雇用形態とは?  60代を超えると、「正社員」待遇での …

求められる60歳以上とは?

①60歳以上の求職者に求められること  中高年を対象にした転職マニュアル等を読む …

不健康になりがちな転職活動を体調管理で乗り切りましょう

転職活動と体調管理  生活に変化がある、ストレスが溜まる、心配事が増える、こうし …

60歳以上は心身共に余裕のある転職活動計画を

ゆとりがあるなら大まかな計画で問題なし  60歳以上の転職希望者が持っている、他 …

目指すは60歳以上の人なりの自己分析

自己分析結果に固執したくない60歳以上の転職希望者  自己分析は必要です。転職は …

60歳以上はメリットがあるから転職する?!

①60歳以上から転職するメリット  人生のマンネリズムから脱出できるという得難い …