60歳以上の求人|シニア世代転職成功の秘訣

*

60歳以上の求人はハローワーク以外にもあるのか

1、なぜハローワークの60歳以上の求人はパートやアルバイトばかり

 60歳以上の求人を探すと言えば今でも、ハローワークで探すものと思っている方も少なくありません。職安と呼ばれ失業者が通うイメージがあるハローワークには、確かに高齢者の求人も存在しています。またハローワークでは2013年5月16日からフリーターやニートなどの若者を対象にしてきたトライアル雇用制度を、中高年や母子家庭などその対象を広げる試みも始めています。

 さらに2013年4月1日から法が改正されてそれまでの60歳での定年から、希望すれば誰でも65歳まで働けるようになりました。しかしハローワークで実際に60歳以上の求人を探しても、多くはスーパーでのパートや警備会社の交通整理や夜警などの求人が殆どです。60歳以上の正社員での求人などは、ハローワークでは先ず目にしません。

 60歳以上の方でも立派なスキルや豊富な経験を持った人は沢山いますが、ハローワークで60歳以上の求人を探してもパートやアルバイトしかないのはなぜなのでしょうか?

2、探す場所を間違っていた?

 実は立派なスキルや豊富な経験を持った60歳以上の方が、求人を探すのはハローワークではないからです。これまで部長や役員の経験があったり、エンジニアなど高いスキルを持っている方が、ハローワークで60歳以上の求人を探してもあるわけがありません。探す場所を間違っているからです。高いスキルや豊富な経験を持った60歳以上の方であれば、転職サイトで求人を探すべきです。

 特に人材紹介会社が運営している転職サイトがお勧めで、専任の担当者が60歳以上の方のスキルや経験を活かせるような求人の紹介を行ってくれます。転職サイトにはハローワークには絶対にないような60歳以上の方々の求人情報があるだけでなく、転職サイトの担当者が面談で60歳以上の方が持っている高いスキルや豊富な経験を最大限に活かしてくれます。

 最近では海外へ進出する企業が増えていて海外にある日系の工場では、経験豊富な生産管理や技術指導ができるエンジニアや、海外での駐在員の経験がある60歳以上の方を求めています。海外に限らず若手のエンジニアに匠の技を伝えるシニアエンジニアや、新規事業の立ち上げができる豊富な経験を持った60歳以上の人材を探している企業はたくさんあります。

ここがポイント!

●スキルや経験を持った60歳以上の方が求人を探す場所はハローワークではない
●専任の担当者が付く人材紹介会社が運営している転職サイトがお勧め
●海外にある日系の工場では経験豊富なエンジニアの方を求めている
●国内でも若手のエンジニアに匠の技を伝えることができる人材を求めている
●新規事業の立ち上げができる60歳以上の人材も需要がある

まとめ

 立派なスキルや豊富な経験を持った60歳以上の方が、ハローワークで仕事を探してないのが当然です。探す場所が間違っていればないのも当然で、そんな方は1度人材紹介会社が運営している、転職サイトに登録して専任の担当者に相談して下さい。きっと後半の人生が、大きく変わると思います。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • 希望職種や条件を登録しておけばメールで求人情報を送ってくれるため、求人探しの手間が省ける
  • 求人案件はベンチャー企業から大企業まで幅広く、60歳以上の方向けの求人も多数掲載
  • 転職ノウハウも充実の内容!

  • 公開日:
    最終更新日:2015/02/04